忍者ブログ

お酒は飲めないけれど日本酒が好きな私のブログ

日本酒、好きです♪

自然酒 五人娘。1月に買って飲みました。

自然酒 五人娘

写真は「自然酒 五人娘」です。
撮影したのは2018年1月15日。買った場所は「道の駅 発酵の里こうざき」です。
撮影場所は家の台所のフリーザーの前です。

自然酒 五人娘

五人娘 生酛仕込 無濾過 純米酒

生酛(キモト)の酛(モト)という漢字はもしかすると文字化けするかもしれません。

「きもと仕込」について知らないのでネットで調べてみました。
日本酒の昔ながらの作り方、あるいは伝統的な製法・・・と出てきました。

今の私には説明ができません。


自然酒 五人娘

お味は、少し酸味を感じるお酒です。

ところで、興味があったので「寺田本家」をGoogle地図で検索してみました。
このお酒を買った道の駅「発酵の里 こうざき」に近い場所に蔵元さんがありました。公式サイトもあるのでネットで検索してみて下さい。

五人娘についての詳細が熱く語られています。
試飲会や見学会などイベントもあって私も参加したい!と思ったのですが、車で行くから試飲はできません。蔵の見学は是非参加したい!と思いつつ、やっぱり敷居が高い気がして勇気が出ません。

ところで、私がときどき使う「敷居が高い」の意味ですが、私の場合は「レベルが高くて」敷居が高い気がする、という意味合いで使っています。

しかし、本来の意味は「不義理な人。義理を欠いた人。」が「敷居が高くてあの家に行けない」ときに使う言葉です。
思い出せば、昔、義理を欠いた人に対して「あの人はこの家の敷居が高くて来れないはず。」と話していたのを覚えています。

時代の変化に合わせて言葉の意味合いも変わっていくものですね。日本酒も奥が深いけれど日本語も奥が深いです。


自然酒 五人娘

私の好きなキャップ(蓋)の写真を載せます。
TERADA★HONKE★ Since 1673~81
歴史があるんですね。

自然酒 五人娘

瓶の裏に五人娘について書いてあります。
このまま書いてしまうべきか?と真面目に悩みましたが書くことにしました。

「自然酒五人娘は無農薬のお米と蔵内に湧き出る水だけを原料に蔵付きの微生物の力で醸した純米酒です。」

自然酒の説明ですね。

「伝統的な生酛(キモト)仕込によって、お米の味わいが引き出され、旨みと酸味のバランスがとれた味が特徴です。」

五人娘の特徴です。

「一杯の自然酒を通して、皆様の健康や幸せのお役に立てたら、それが私たちの願いです。」

温かい思いが伝わってきます。


「五人娘 純米酒」で検索すれば寺田本家の公式サイトへ行けます。

寺田本家公式サイト

基本としてリンクはしないことにしています。
※より多くの人に知ってほしいのでリンクすることにします。

瓶にぶら下がっている紙(何という名前なのか分からないので)について。
カードと言うのか?しおりというのか?この絵が気になるでしょ?

この表に描かれた絵は「酛摺り(モトスり)の様子です。別名を「山卸し」。
「お酒(五人娘)を作るときに行われる様子」と裏に書いてあります。

もっと知りたい人はネットで検索してみてね。
今の私じゃ説明ができません。
YouTubeで寺田本家の酛スリ唄がUPされていました。味があってこちらも良いですよ。

自然酒 五人娘

写真は「自然酒 五人娘」の箱です。




道の駅「発酵の里 こうざき」の袋です。
千葉県香取郡にあります。
利根川沿いの国道を銚子に向かって車で走っていくと土手のすぐ横に道の駅があります。
私は香取神宮へ行く途中でいつも見ていました。でも寄ったのははじめて。

日本全国の発酵食品が集められたお店「発酵市場」が魅力的で、私はお醤油とか調味料も大好きなので興奮して買い物に夢中になってしまいました。

道の駅 発酵の里こうざき。公式サイトです。


※このブログは滅多に更新しません。

以下はブログ内のページです。↓

柱造り玉清水  ⇒澤ノ井しぼりたて  ⇒特別純米酒・黄桜・祝 ひやおろし






このブログのカテゴリー

純米大吟醸 
純米吟醸
大吟醸
純米
梅酒
あま酒
柱造り
その他のお酒
美味しい物


PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
soo
性別:
女性
自己紹介:
お酒は飲めないけれど日本酒が好きです。日本酒は香り、その土地柄、水、米、味・・・と奥が深い。でも、うんちくはありません。